Night Talker

Your awesome Tagline

2,390 リアクション

驚くべきことが判明した。『幸せホルモン』と呼ばれる『セロトニン』の95%は、なんと『脳』ではなく『腸』から出ていることが研究で判明したのだ!!

腸の状態が悪いとセロトニンもスムーズに分泌されないことが判明。便秘や暴飲暴食による腸の疲労状態を改善することが、幸せかどうかを感じることに大きく関係しているのだ。腸の状態が良いと腸から「セロトニンを出してくれ(笑)」と脳に指令を送るので、人間は「腸で物事を判断している」ともいえるのだ。

腸は熱を持つと「セロトニンを出してくれ(笑)」と脳に伝達する仕組みが体内に備わっている。逆に腸が冷えた状態であると「幸せじゃねえ(笑)」となってセロトニンが分泌されなくなる。普段から温かい飲み物を飲む、身体を温める食事をすることは風邪予防など、体のコンディションを保つだけでなく精神バランスを保つためにも効果的であるのだ。

また、同じものばかり食べることはセロトニン分泌を妨げることもわかった。食事が単調になってしまうと『体温調整』がスムーズに行えないため「同じもんばっか食っても幸せじゃねえよ(笑)」という状態になり、腸が脳にセロトニン分泌指令を出さないため、精神バランスが崩れ、ストレスから暴飲暴食やウツの原因となることも判明。

(略)

なお、腸からセロトニン分泌指令を出すのに最適な食品は『カレー』であることも判明した。スパイスが多く含まれ、たんぱく質、脂質、炭水化物がバランスよく摂取できるカレーは、腸を温める効果がバツグンなので「カレー食ったし幸せだわ(笑)」「セロトニン分泌しよっと(笑)」という状態となり、腸がセロトニンをドバドバ出すよう脳に指令を送るのだ。

カレーは小麦粉がふんだんに使用されている市販のカレールーを使ったものではなく、スパイスを混ぜ合わせた『インドカレー』など本格的なカレーが効果的。『薬膳カレー』と呼ばれるカレーは身体に良いだけではなく精神面にも効く万能食だったのだ。もちろん、小麦粉がメインではないスパイスが豊富ならば市販カレーでもOK!!
カレーを食べると、体内から幸せホルモン「セロトニン」がドバドバ出ることが判明!ストレスが減り精神安定するぞ : はちま起稿 (via utumblr)

(motomocomoから)

383 リアクション

「ピザ」と言えば太ったアメリカ人をネットスラングでそう呼ぶほどで、米国の代表的なジャンクフードだ。実はアメリカでは「ピザは野菜」だと法律でも定められているのだ。ってことは、むしろヘルシー?

これは同国の給食事情と関係がある。アメリカの公立学校はほとんど給食を運営する費用がないために、ピザチェーンなどのメニューを生徒たちの昼食に受け入れている。ピザ以外にもハンバーガー、ナゲット、コーラーなどが学校に“侵入”しているのだ。

しかし、そんな給食のジャンク化もあり、全アメリカの1/3の子ども(5歳から17歳まで)が肥満へと分類。これに危機感を抱いたオバマ政権は(特にミシェル・オバマ夫人が)公立学校の学校給食にもっと野菜やフルーツなどのヘルシーフードの導入を含めた「ヘルシー・ハンガーフリー・キッズ・アクト」を計画。

だが学校給食は利権化していたために、ジャンクフード会社をバックにつけた議員たちから猛烈な反対を受けたのだ。そんな反対勢力が逆転の発想で反撃、「よく考えたらピザってヘルシーなんじゃね? だって大さじ2杯分もトマトソースがかかってるんだぜ」と。

そして、見事にこれが通ってしまったのだ。そのためオバマ夫人の進めた改革も骨抜きになり、2011年1月に改正歳出予算案の中で給食において「ピザは野菜」とカウントされるようになってしまったのだ。

アメリカで「ピザは野菜」と国家が認定 理由はトマトソース… | もぐもぐニュース

狂ってるなぁ

(via irregular-expression)

(motomocomoから)

3,259 リアクション

携帯電話によって

>女の子の家に電話をかけるときと、お父さんが出てしまったときのドキドキ感は失われてしまった

お父さんはファイアウォール。
 「娘はおらん!(ガチャ!)」

お兄さんは攻性防壁。
 「なんだお前、俺の妹になんか用か?」

妹はアラーム。
 「おねーちゃーん、男の人からでんわ~」
 「なにぃ?」←攻性防壁が反応
 「なんだと?」←ファイアウォールも反応

お母さんはバックドア。
 「代わってあげるわね。うふふふふ」

インターネットで私たちが失ったモノ - スラッシュドット・ジャパン (via plasticdreams) (via ssbt) (via makototz)

正確すぎるたとえ話にワロタw

(via ipodstyle) (via gkojax) (via yoshiori) (via markie) (via konishiroku) (via hhuhhu)

(via sukoyaka)

(via tessar)

が、学級連絡です…

(via fukumatsu) (via ohasami)

(via hkdmz)

(via tobyluigi)

(via ohmomo) (via katoyuu) (via starchart) (via joekidf) (via ritchantaiin, plasticdreams) 2009-10-07 (via gkojay) (via darimaru) (via takayukiinada) (via hkdmz) (via sierra7) (via hisame) (via hatsuneya-mikuzou)

(via korori39) (via ayatorch) (via kiri2) (via ishida) (via jabberokkie) (via ibi-s) (via y1s)

(via maido3)
あったわー (via xxdrugaxx) (via huzitaka) (via salty—7) (via sivamuramai) (via lovecake) (via yaruo) (via umamoon) (via mmmmmmmmmy)

(via mlle-ophelia) (via konishiroku) (via moontears) (via takeori) (via kuzira8) (via desespoirdeigrek) (via edieelee) (via poochin)

377 リアクション

WBが『パシフィック・リム』の失敗から、『GODZILLA』を怪獣映画(モンスター・ムービー)ではなく災害映画(ディザスター・ムービー)としてプロモーションしたのが成功の要因という分析は慧眼
Twitter / satomit (via igi)

(imenumaから)

941 リアクション

私の知り合いのお客様センターの女の子は、ここ数年お年寄りからのクレームが非常に多く、「私が君の上司だったらこういうのは絶対許さないよ!」という文句の付け方が多くなったとのこと。つまり定年退職世代は今は「ただの人」だということを認めたくないのだ。いつまでも「○○部長」でいたいのだ。
Twitter / XDAY20220216 (via valvallow)

(hkdmzから)

1,979 リアクション

「努力すれば報われる」に代表される、世界は正しく動いているはずだという考え方を公正世界信念といい、この信念が強い人ほど、少数者や弱者への否定的な態度を持ちやすい。という話を知ったときは、社会心理学を学ぶ中で一、二を争う衝撃だった
Twitter / t_tetsushi (via rpm99)

(mmmmmmmmmyから)

636 リアクション

愛情をずいぶん乱暴にこき使う人がいます。相手が自分のことをどれほど愛しているのか知ろうとして、愛情を「試す」人がいます。無理難題をふきかけたり、傷つけたり、裏切ったり……さまざまな「試練」を愛情に与えて、それを生き延びたら、それが「ほんとうの愛情」だ、というようなことを考える。  でも、これは間違ってますよ。愛情は「試す」ものではありません。「育てる」ものです。
疲れすぎて眠れぬ夜のために / 内田 樹 (via ebook-q)

(knnrから)